2016-03-30

護王神社

 皇居を守るようにたたずむ、護王神社へお邪魔しました♪ 
20160229141128676.jpg
 お正月にお邪魔した時に撮影しました♪
20160117_1240.jpg20160117_5898.jpg

 和気清麻呂という方は、奈良時代のお生まれ。
 天皇陛下の忠臣として有名です。
 
 当時、道鏡という高僧が称徳天皇に取り入って権勢を振るっていました。
 ついには、「私を天皇にするべきだという、宇佐八幡神のお告げがあった」と言い出します(大宰府の主神(かんつかさ)を道鏡がそそのかしたと言われています)。
 称徳天皇は、それが本当なのかどうか、清麻呂さまを大宰府に確認に行かせることにしました。
 道鏡から脅しをかけられたりもしましたが、清麻呂さまは「帝には天皇の一族が継ぐべき」との託宣を持ち帰りました。
 その為に称徳天皇と道鏡の怒りを買い、「別部穢麻呂」と改名させられて流罪になります。(わかりやすいネーミングセンスですね……)
 が、称徳天皇が亡くなられ、道鏡が失脚した後に、光仁天皇のお力で罪を取り消されました。
 山背国葛野郡宇太村が都としての地形に良いと考え、造営大夫となって平安京の建設に尽力されたりしました。
20160117_5129.jpg

 没後、いつごろからか、高雄神護寺の中に「」ができ、祀られるようになりました。
 後世、天皇をお守りしたとしてたたえられ、嘉永4年(1851年)3月15日には神階正一位と「護王大明神」の神号を贈られています。時代は維新の真っ只中で、天皇のありがたさを強調したかったのでしょうね。
 明治19年(1886年)には、明治天皇の命令で、現在の京都御所隣に護王神社として遷座されました。
20160117_5523.jpg
 古い十円紙幣には、忠臣として肖像が印刷されています。
20160117_307.jpg

・いのししさん
 清麻呂さまが流罪になった際、足のけんを切られました。
 動けなくなった彼を、いのししたちが助けたと言う伝説があります。
 その後、不思議と足も治ったそうです。
P2270024.jpg
 今でも、いのししさんたちは狛いのししとなり、清麻呂さまをお守りされています。
 境内にはいのししコレクションコーナーもあって、驚くほどいろんないのししの置物、飾り物が展示されています。
20160117_3756.jpg
 もののけ姫を思い出しちゃいました。
20160117_2382.jpg20160117_1902.jpg
20160117_884.jpg
・重巡洋艦「高雄」
 うふふふふ。提督の血が騒ぎました。
 こちらには、高雄の乗組員が奉納した扁額がまつられています。
 高雄の中には護王神社が分霊されていて、乗組員さんたちをお守りされていたそうですよ。
 元はといえば高雄神護寺に祀られていた清麻呂さまですものね。
20160117_3474.jpg20160117_7760.jpg
20160117_4852.jpg
・足腰の守護神
 足が痛かったのを救われたと言うことで、足腰の守護神としても有名です。
 毎月21日は足腰祭が行われています。
 陸上やサッカーなど、足を使うスポーツの神様とも言われます。
 私も、足の悪い母のためにお守りを購入させていただきました。
20160117_4393.jpg

・広虫さま
 清麻呂さまのお姉さま。
 称徳天皇の側近でした。
 哀れみ深い人で、孤児を大勢引き取って可愛がっていたそうです。
 P2270023.jpg
 日本での孤児院の始まりとも言われています。
 護王神社には彼女も祭られているので、子育ての神さまとして尊敬されています。
20160117_8252.jpg

 2019年に向け、ご修造が行われます。(修造に反応する夫でした。)
20160117_63.jpg

神様
主祭神
 和気清麻呂公命さま
 和気広虫姫命さま
配祀
 藤原百川公命さま
 路豊永卿命さま

御朱印
朱印_護王神社
 とても流麗な筆跡で、うっとりです

創建
不詳(高雄山神護寺の境内にてお祀りされてました)
明治19年(1866)現在地に移転

参詣時間
6:00〜21:00

授与所受付時間
9:00~17:00

有料施設
規定なし

最寄り駅
地下鉄烏丸線 「丸太町」駅から徒歩7分
市バス51系統 烏丸下長者町バス停からすぐ

住所
〒602-8011
京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町

電話番号
075(441)5458

webサイト
http://www.gooujinja.or.jp/









関連記事

theme : 京都・奈良
genre : 旅行

tag : 京都 神社

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

素敵なブログですね

京都にすもうかな~と思って、京都ブログを読み漁っています。京都の雰囲気たっぷりの素敵なブログですね~。やはり古都は良いです。住んでみたいです♡

Re: 素敵なブログですね

きてくださってありがとうございます
最近リニューアルしたばかりなので、記事がまだまだ足りないのですが、
褒めていただけてとても嬉しいです(^▽^)