2016-07-22

曼殊院門跡

 比叡山のふもとにある、曼殊院門跡にお邪魔してきました♪
P2050134.jpg

 ここは、京都人よりも東海、関東の人の方が詳しいかも。
 「そうだ、京都行こう」の紅葉ポスターになったことのある神社。
 大好きなんですよね、あの広告。京都でももっと見られたら良いのに。
 秋にはライトアップもされていて、見ごたえありまくりです。
 叡山電鉄やバス停から結構歩かなくてはいけないため、比較的お客さまが少ないです。。。比較的ですが。

 お邪魔したのは、二月の半ば。(更新が遅れております)
 さすがに人が少なくて、のんびり回ることが出来ました。
P2050136.jpgP2050143.jpg
 青蓮院、三千院、妙法院、毘沙門堂門跡と並ぶ、天台五門跡(皇族の方が住職をされていたお寺)のひとつ。
 8世紀ごろに最澄さんが比叡山を開かれた際の道場が起源なのですが、明歴2(1656)年、桂離宮を造営した八条宮智仁親王の御子「良尚法親王」が現在の地に移されました。
 枯山水のお庭が有名ですが、ここは一般的な禅宗の枯山水に比べると、広くてあでやか。
 門跡寺院なので、宮廷風に華やかなアレンジがされているのですね。
 当時の宮中の造形美がしのばれます。

P2050142.jpg
 キレイに這った松の木。
P2050139.jpgP2050147.jpg
 お庭に移るのは心。
 何かを想うこんちゃん。

P2050137.jpgP2050140.jpg
 回廊に萌えるわたし。
 木造建築の回廊ってなんだかわくわくしませんか。
P2050149.jpgP2050150.jpg
 昔のおくどさん?
 メニュー類が展示されていて面白かった。
 こういうものを食べてはったんですね。


P2050138.jpg
 大きなふすまに描かれた、古い地図。

P2050141.jpg

P2050152.jpg
 谷崎潤一郎さんから送られた鐘だそうです。


 そしてここは、幽霊画の掛け軸でも有名だそうです……(;_;)←泣くくらいなら行くなよ。。。
 写真を撮るだけで憑いちゃうそうです。

 ★こちらでは、リュックや大きな荷物を持っての拝観が出来ません。
 国宝があちこちに置かれてあって、すぐ傍によって見ることが出来るのですが、そのために荷物がぶつかる危険があるためです。
 私が持っていたリュックは、窓口で預かっていただけました。

 特別拝観
 八窓軒茶室(重文・京都三名席の一つ)
 1000円
 9:00~16:00
 要電話予約075-781-5010 
 案内していただけますが、お茶がいただけるわけではありませんね。

宗派
 天台宗

御朱印
朱印_3784
 竹の内御殿と、黄不動尊さまの、二種類があるそうです。
 今回いただいたのは、竹の内御殿のもの。
 この筆跡が好きなので。

創建
 明暦2(1656)年

参詣時間
 9:00~17:00(受付16:30)
 紅葉の季節は夜間拝観・お茶席あり

拝観料
 600円

最寄り駅
 バス「一乗寺清水町」下車 徒歩約20分
 ★のぼりが多いです
 無料駐車場有(50台)

住所
 京都市左京区一乗寺竹ノ内町42

電話番号
 075-781-5010

webサイト
 http://www.manshuinmonzeki.jp/











関連記事

theme : 京都・奈良
genre : 旅行

tag : 京都 お寺 ご朱印

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する