2016-06-20

圓光寺

 紅葉で有名な圓光寺さんへお邪魔してきました♪
P2050100.jpg


P2050112.jpg
 この屋根がお気に入り。
 満開のころは、うっとりしちゃいそう。

 こちらは、家康さまの命令で、足利学校の第9代の庠主さん、閑室元佶さんを招いて建てられたそうです。お坊さまもお侍さまもこちらでお勉強されました。
 活字も家康から与えられて、儒学・兵法関連の書物を刊行しました。
P2050107.jpg
P2050106.jpg
 日本最古の活字として、木活字が大切に保管されています。
P2050108.jpg
 関西では数少ない、家康さまのお墓もあるんです。
 家康さまのお声がかりでできたお寺だからでしょうね。
P2050119.jpg
P2050118.jpg
 サイドオマールさんというのは、マレーシアの王族。太平洋戦争の折、日本の植民地だったマレーシアから、日本教育を受けるために日本に留学しておられました。
 拠点となっていたのは、広島大学。
 そして、八月六日。
 彼は、被爆しながらも、広島の地で友人たちの治療に奔走していたのですが、終戦後にマッカーサーの命令で帰国する事になります。その為に汽車で東京へ向かう際、体が耐え切れず京都で下車し、治療むなしく亡くなられました
 数年後にその話を聞いた人々によって、ココにお墓が作られたそうです。

 たか女(村山たか)さんというのは、「花の生涯」(舟橋聖一著 1963年の大河ドラマ等)のヒロインとして有名な方。
 井伊直弼の恋人であり、安政の大獄では江戸方のスパイとして大活躍したそうです。
 桜田門外の変の後、攘夷派に捕まって、息子さんが岡田以蔵に殺されました。
 後年は一乗寺のお寺で尼さんとして過ごされていたそうです。

 秋が来ると、空気まで赤くなっちゃったんじゃないかと思えるくらいの見事な紅葉になります。
 普段は静かなのですが、ここ数年、穴場として、秋に来る人が一気に増えた模様。
 でも、大きな枝垂桜もあります♪
P2050110.jpg
P2050105.jpg
 私がお邪魔したときは桜の季節にはまだ早かったのですが、庭師さんたちが頑張ってお庭を整備されていました。
 桜の季節が楽しみですね。
 展示されている桜の襖絵も見事ですが、きっと本物の桜はそれ以上にきれいなんだろうな。
P2050113.jpg
P2050131.jpg

 門をくぐってから坂道を登っていくので、枝垂桜の袂から京都の市内を見下ろすことも出来ます。

P2050102.jpg
 禅堂では「日曜早朝坐禅会」が行われています(前日までに予約が必要)
 午前6:00~8:00
 交通機関が……あるのかっ(^-^;;
 内容は暁天坐禅、作務(お掃除)、法話となっています。

P2050101.jpg
 入り口(拝観料を払うところ)の石畳。かわいい。

P2050121.jpg
 こっそりとくつろぐ小坊主さん。
P2050104.jpg
 波の美しいお庭。
 奥には、日本最古と言われる水琴窟があります。

宗派
臨済宗南禅寺派

御朱印
14564571980.jpeg

 朱印帖を預けて拝観すれば、退出する時にいただけます。

創建
慶長6(1601)年

参詣時間
9:00~16:30

拝観料
400円

最寄り駅
市バス「一乗寺下り松町」、徒歩約10分
叡山電鉄「一乗寺」駅から徒歩約15分。
★登り道(^-^;
P2050103.jpg

住所
京都市左京区一乗寺才形町20

電話番号
075-781-8025

webサイト
http://www.enkouji.jp/














関連記事

theme : 京都・奈良
genre : 旅行

tag : 京都 お寺 ご朱印

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する