2016-06-23

形原温泉 あじさい祭り

P1230249.jpg

 京都から少し足を伸ばして、形原温泉にある「紫陽花の里」へお邪魔してきました♪
 6/19、雨の日曜日。
 雨だから人出が少ないかと思ったのですが、非常ににぎわっていましたね。
P1230253.jpg

 紫陽花。
 雨の似合う花。
 雨の中の太陽の花。
P1230265.jpg

 こちらの紫陽花は、なんと5万株もあるそうです。
 東海一と言われているそうですね。
 珍しい品種ももちろんあります。
P1230258.jpg
 最近気になっている、コンペイトウももちろんありました^^
P1230251.jpg

 今回訪れたのは昼間でしたが、
 夜間はライトアップされた紫陽花の中、ゲンジボタルが乱舞するそうです。

 中に売店もありますが、フランクフルトや焼きそば、甘味程度でした。
 ところどころに東屋があったので、お弁当を持ち込んでピクニック気分を味わうのがお勧めです。

 赤橋の下には鯉の群れ。
 売店で鯉のえさを販売中。

 あじさい祭り開催時期
2016年は6月1日(水)~30日(木)
 08:00~21:30
毎年6月での1ヶ月間、開催されています。

入場料
 大人 300円
 中学生以下 無料

子ども連れ
 可能

喫煙
 場外に喫煙所あり

最寄り駅
 名古屋鉄道「形原」駅からタクシーで5分

 JR「蒲郡」駅からタクシーで15分
 あじさいまつり会期中は、蒲郡駅南口より直行バスあり

住所
 〒443-0102
   愛知県蒲郡市金平町一ノ沢28−1

電話番号
 0533-57-0660

webサイト
 http://www.katahara-spa.jp/







theme : 花紀行
genre : 旅行

2016-06-20

圓光寺

 紅葉で有名な圓光寺さんへお邪魔してきました♪
P2050100.jpg


P2050112.jpg
 この屋根がお気に入り。
 満開のころは、うっとりしちゃいそう。

 こちらは、家康さまの命令で、足利学校の第9代の庠主さん、閑室元佶さんを招いて建てられたそうです。お坊さまもお侍さまもこちらでお勉強されました。
 活字も家康から与えられて、儒学・兵法関連の書物を刊行しました。
P2050107.jpg
P2050106.jpg
 日本最古の活字として、木活字が大切に保管されています。
P2050108.jpg
 関西では数少ない、家康さまのお墓もあるんです。
 家康さまのお声がかりでできたお寺だからでしょうね。
P2050119.jpg
P2050118.jpg
 サイドオマールさんというのは、マレーシアの王族。太平洋戦争の折、日本の植民地だったマレーシアから、日本教育を受けるために日本に留学しておられました。
 拠点となっていたのは、広島大学。
 そして、八月六日。
 彼は、被爆しながらも、広島の地で友人たちの治療に奔走していたのですが、終戦後にマッカーサーの命令で帰国する事になります。その為に汽車で東京へ向かう際、体が耐え切れず京都で下車し、治療むなしく亡くなられました
 数年後にその話を聞いた人々によって、ココにお墓が作られたそうです。

 たか女(村山たか)さんというのは、「花の生涯」(舟橋聖一著 1963年の大河ドラマ等)のヒロインとして有名な方。
 井伊直弼の恋人であり、安政の大獄では江戸方のスパイとして大活躍したそうです。
 桜田門外の変の後、攘夷派に捕まって、息子さんが岡田以蔵に殺されました。
 後年は一乗寺のお寺で尼さんとして過ごされていたそうです。

 秋が来ると、空気まで赤くなっちゃったんじゃないかと思えるくらいの見事な紅葉になります。
 普段は静かなのですが、ここ数年、穴場として、秋に来る人が一気に増えた模様。
 でも、大きな枝垂桜もあります♪
P2050110.jpg
P2050105.jpg
 私がお邪魔したときは桜の季節にはまだ早かったのですが、庭師さんたちが頑張ってお庭を整備されていました。
 桜の季節が楽しみですね。
 展示されている桜の襖絵も見事ですが、きっと本物の桜はそれ以上にきれいなんだろうな。
P2050113.jpg
P2050131.jpg

 門をくぐってから坂道を登っていくので、枝垂桜の袂から京都の市内を見下ろすことも出来ます。

P2050102.jpg
 禅堂では「日曜早朝坐禅会」が行われています(前日までに予約が必要)
 午前6:00~8:00
 交通機関が……あるのかっ(^-^;;
 内容は暁天坐禅、作務(お掃除)、法話となっています。

P2050101.jpg
 入り口(拝観料を払うところ)の石畳。かわいい。

P2050121.jpg
 こっそりとくつろぐ小坊主さん。
P2050104.jpg
 波の美しいお庭。
 奥には、日本最古と言われる水琴窟があります。

宗派
臨済宗南禅寺派

御朱印
14564571980.jpeg

 朱印帖を預けて拝観すれば、退出する時にいただけます。

創建
慶長6(1601)年

参詣時間
9:00~16:30

拝観料
400円

最寄り駅
市バス「一乗寺下り松町」、徒歩約10分
叡山電鉄「一乗寺」駅から徒歩約15分。
★登り道(^-^;
P2050103.jpg

住所
京都市左京区一乗寺才形町20

電話番号
075-781-8025

webサイト
http://www.enkouji.jp/














theme : 京都・奈良
genre : 旅行

tag : 京都 お寺 ご朱印

2016-06-17

御霊神社(上御霊神社)

201606160108534c8.jpg
 応仁の乱が起こったことでも有名な、上御霊神社へ行ってきました♪
20160616010751d09.jpg


由来★
 平安時代が始まってしばらくしたころ、天変地異が相次ぎました。
 その頃は、悲運に見舞われ、恨みを持ってなくなられた方が怨霊となり、さまざまな災害を起こすといわれていました。
 なので、彼らの魂を丁重におまつりすることによって、御霊とすれば、おさまっていただけるのではないかと人々は考え、神社にお祀りしました。
 そのために創建されたのが、御霊神社です。
 奈良時代末期から平安時代初期の御霊をお祀する上御霊神社、平城天皇の皇太子で謀反の罪に問われた伊豫親王をお祀りする下御霊神社があります。
2016061601075132b.jpg

★御霊会
 神社では、神様となっていただいた御霊を慰める鎮魂の儀式が行われました。
 御霊会というものです。
 上御霊神社では、5月1日から18日まで行われます。
 17日、18日は屋台も出て、とてもにぎわいます。
 京都にはあちこちで御霊会が行われますが、上御霊神社が発祥といわれているそうです。
20160616010751c25.jpg
20160616010751777.jpg
 重厚な門構えと、連ねられた提灯。
20160616010751d0a.jpg201606160108530dc.jpg
 門をお守りされるお二方。

201606160108532b9.jpg
 手水舎。
 竹筒からお水が出ているのですが、水面すれすれです(^-^;
 溜まったお水を使うタイプですね。

20160616010853507.jpg
 境内は、とっても緑が多いです。
 森の中を散策している気分。
20160616010751dac.jpg
★応仁の乱
 室町時代の終わりを告げ、戦国時代を招いたといわれる紛争。
 将軍足利義政の跡継ぎ問題に斯波・畠山両管領家の相続争いが絡んで長い戦いとなり、京都・朝廷の権力が失われたといわれていますね。
 1467(応仁1)年の1月、畠山政長が上御霊神社に陣を構えたのが乱の始まりとされています。
 当時、上御霊神社の杜はとても広かったそうです。応仁の乱のために小さくなったといわれています。
 京都人が「この前の戦争が」というと、応仁の乱を指すと都市伝説に言われますが、そんなことはありません、、、(笑)

 朱印ですが、訪れたときにたまたま社務所が急がしそうで、声をかけられなかったので確認できませんでした。
 近いうちに頂きに参りたいと思います。

神様
<本殿八座>
崇道天皇(桓武天皇の弟で皇太子。藤原種継暗殺事件に連座して流罪され亡くなる)
他部親王(光仁天皇の息子。母親の井上内親王が夫である天皇を呪ったといわれた事件に連座して幽閉され亡くなる(15歳))
井上皇后(光仁天皇の妻。夫とその姉を呪ったとされて幽閉され亡くなる)
藤原大夫神(藤原広嗣。藤原式家初代の長男。大宰府に左遷された後反乱を起こす。)
文屋宮田麿(従者の讒言により冤罪を着せられて流罪される)
橘逸勢(空海・嵯峨天皇に並ぶ書の達人。謀反の罪を着せられ、非人と名づけられ、流罪され亡くなる)
火雷神(六柱の荒魂)
吉備大臣(吉備真備?(日本の陰陽道の祖とされ、怨霊を鎮めることができるといわれた)諸説あり)

創建
794年(延暦13年)

参詣時間
 規定無し

授与所受付時間
 9:00~17:00

有料施設
 規定無し

最寄り駅
 地下鉄烏丸線「鞍馬口」下車、徒歩約5分
 市バス(4)「烏丸鞍馬口」下車、徒歩約5分

住所
 〒602-0895 京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊堅町495

電話番号
 075-441-2260

webサイト

20160616010853fd8.jpg






theme : 京都・奈良
genre : 旅行

tag : 京都 神社

2016-06-16

イノダコーヒー三条店

 大正ロマン漂う門構え、イノダコーヒー三条支店へ行ってきました♪
 ここの建物、大好きなんですよ~♪
 もちろん、三条本店も大好きです♪

P2140030.jpg
 赤レンガの建物って、どうしてこんなにも素敵なのでしょう。
 惹かれます。

 コーヒーは「ジャーマン」をいただきました。
 深焙りなので、しっかりとした味わい。スイーツといただくときはこれくらいが好きです。
 スイーツはレモンパイ。大きくて食べ応えあり。
 1/3くらいはうなちゃんのおなかに入っちゃったけど(笑)
P2140033.jpg

 お店の中が広くて、テーブルの配置がとてもゆったりしています。
 インテリアの配置も工夫されていて、ベビーカーを置いても余裕がある感じ。
 子供用の椅子ももちろんあります。
P2140031.jpg

 ここのお店で人気のある席は、奥にある大きな円卓カウンター。
 キッチンを客席が取り囲んでいるのです。
 コーヒーが淹れられるのを見ているだけで幸せになっちゃいますよね。
 喫煙席なので、まだ、遠くから見たことしかないんですが(>_<)
 いつかはあそこに。

 一歳のうなちゃんと一緒にうかがわせていただいたのですが、スタッフさんがとても優しかったです。
 小さな子ども用食器、椅子を用意してくれるのはもちろん。
 ちょっと騒いだら、静かにしてもらうために、ベビーフードのおやつを食べさせてあげてもいいと言ってくださいました。
 子どもさんですから、と。
 ありがとうございました。

 近くを通ったら手を振ってくれるし、うなちゃんもとてもうれしそうでした♪

 
開店時間
 10:00~20:00

定休日
 規定なし

子ども連れ
20160223230223256.jpg
 可。(おしめ交換台はありません)

喫煙
 店内分煙(禁煙20席、喫煙37席)

最寄り駅
地下鉄烏丸線「烏丸御池」駅下車 徒歩10分

住所
 京都京都市中京区桝屋町69

電話番号
 075-223-0171

webサイト
INODA COFFEE WEB SITE イノダコーヒ公式ウェブサイト







theme : 京都・奈良
genre : 旅行

tag : 京都 喫茶店

2016-06-15

魁力屋 本店

 京都北白川にある、魁力屋の本店さんに食べに行ってきました。
 本店さんは店舗スペースがゆったりしていて、座卓席があるんです。
 小さい子でも座れるのが魅力です(^-^)ノ

 しょうゆ、しお、味噌ラーメンがあるのですが、
 お店のお勧めはしょうゆ。
 京都のお店なので、京野菜の九条ねぎもりもりメニューもあります(^-^)
 さらに、無料でねぎのトッピングもできちゃいます……ねぎ大好きー!

開店時間
 11:00~24:00

定休日
 規定無し

子ども連れ
 可能
 座卓席あり
 キッズメニュー有

喫煙
 不可
  ★店舗脇に喫煙所あり

最寄り駅
叡山電鉄 「修学院」駅から徒歩5分

住所
 京都府京都市左京区一乗寺向畑町17

電話番号
 075-712-0333

webサイト
 http://www.kairikiya.co.jp/

theme : 京都・奈良
genre : 旅行

tag : 京都 ラーメン 一乗寺

2016-06-14

今宮神社

 はなしずめで有名な今宮神社にお邪魔しました。

P2070031.jpg
 創建は平安時代。
 創建は平安時代。
 平安よりも昔から素戔嗚尊さまをお祭りする疫社があったのですが、正暦5(994)年6月、一条天皇の時代に船岡山にお社が移動しました。政府が悪霊退散の儀式を行い、都の民衆も船岡山を訪れ、綾傘を華美に飾りつけ、謳い踊り、形代の人形に病魔を移して流したそうです。
 その後、お告げによって長保3(1001)年に今の場所へ戻り、疫社以外に新たに三つの神殿を築きました。
 古いお社とは異なる、という意味で、今宮神社と呼ばれたそうです。
 船岡山で行われていた朝廷の儀式が紫野御霊会、民衆の祭がやすらい祭りとして現在に伝えられています。

やすらい祭り
 平安京のはなしずめ、こと、夜須礼(やすらい)祭りが毎年四月に行われます。
 私、このお祭が大好きなのです。
 お祭の内容も興味深いのですが、「はなしずめ(花鎮め)」という名前がそもそも好き。
 桜の舞い散る頃に行われることにも惹かれてしまいます。

 風流なお祭ですが、もともとは、疫病の流行を鎮めるために古代から行われていたお祭。
 桜の花びらが散る時に、疫神たちも蠢くので、それを鎮めるためにはじまったものです。
 奈良では大神神社とその摂社・狭井神社で「鎮花祭(ちんかさい)」が行われています。
 今宮神社のやすらい祭りは農村部のお祭で、他に、官のお祭として今宮祭(紫野御霊会)も行われています。
 また、さくらは「稲の魂(さ)」「座(くら)」でした。
 たわわに咲いた花は、豊作の瑞祥。なので、散り急がずにしばしとどまれ、という気持ちがこめられていたのでしょう。

 平安時代、人々が綾傘の下で舞い踊っていたそうですが、今でも綾傘が登場します。
 「やすらえ、花や」の謳いにあわせて、赤い鬘をかぶった鬼が踊り、はやし方とともに街中を練り歩くのです。
 その風景は、は、鞍馬の火祭り、太秦の牛祭りとともに、京都三大奇祭として有名です。
 数年前までは毎年四月十日に行われていましたが、最近は第二日曜日に変更されたので、見に行きやすくなりました。

 四月の頭に行われるこのお祭、この年度のお祭の中で最初の時期に当たるからか、
「祭の日が晴れれば、その年の京都の祭事はすべて晴れ、雨ならばすべて雨が降る」
「桜や椿などで飾られた花傘に入ると、一年間健やかに過ごせる」
「初めてこの祭りを迎える赤ん坊は、花傘に入ると、一生健やかに過ごせる」
 などと言われているそうです。
 
玉の輿
 平安時代以降、厚い信仰を寄せられていた今宮神社ですが、朝廷が久寿元(1154)年に「やすらい祭が華美すぎるので控えるように」との命令を出したり、応仁の乱があったりで、江戸時代までに廃れていました。
 そんな今宮神社を氏神とする西陣で、八百屋に生まれたのがお玉ちゃん。
 彼女はやがて、三代将軍家光の寵愛を受け、生まれた息子は五代将軍綱吉となりました。
 女性のみでありながら従一位までのぼりつめた彼女は、今宮神社を篤く信仰しており、彼女の命令で神社が再興されました。
 「玉の輿」と言われた彼女のようになりたいと願う女性が、今でも大勢おまいりするそうですよ。

P2070025.jpg
P2070023.jpg
 ご本殿。
 けいおん!にも登場します。
 第7話『クリスマス!』にて、皆が初詣に来たのがココ。
 聖地巡礼するファンには有名なスポットらしいです。
P2070028.jpg
織姫社
栲幡千千姫命(たくはたちぢひめのみこと)さま
 七夕伝説の織女に機織をお教えになられたといわれる、織物の神さま。西陣が近いだけあります。
 高御産巣日神さまのお嬢さまで、天照大神さまのご長男、天忍穂耳命さまと結婚し、天火明命さまと瓊瓊杵尊さまを産まれました。
 高御産巣日神さまといえば天地開闢に登場される神さまだし、瓊瓊杵尊さまといえば天孫降臨。
 日本神話の中で、とても重要な立場にいらっしゃる神様です。
P2070029.jpg
阿呆賢石
 おもかる石です。
 この石を手の平で三度たたいて持ち上げ、次に願いごとを心の中で唱えながら三度手の平で撫で、再び石を持ち上げ、最初に持ち上げた時よりも軽く感じれば、願い事が叶うといわれています。
 そういうおもかる医師は他の神社にも見かけるものですが、それとは別に、病がちな人が、健康を願いながら石をなで、次にその手で自分の体の悪いところをなでると、治癒が早まるとも言われています。疫病避けの今宮神社ならではですね。

 私はいつも、「あかほし(赤星)石」と間違えてしまいます。。。
P2070027.jpg
P2070026.jpg
 華麗な灯篭。
P2070022.jpg
 手水舎は、東屋ではないタイプです。
P2070021.jpg
 お札・お守り授与所
P2070020.jpg
 授与所の傍に、お神輿が安置されていました。

あぶり餅屋さん
 日本最古の和菓子屋さんじゃないか、と言われています。
 ちぎったもち米に黄な粉をまぶして墨であぶり、タレをつけただけの、とても素朴なお餅。
 お祭で使われた竹串やお餅を、厄除けとして参詣した人々へ提供したのが起源といわれています。
 戦乱や飢饉の際は、民衆に振舞われていたそうです。
 
 開店は1000年。船岡山からお宮が帰ってくる一年前ですね。
 店頭は昔ながらの風情が守られているので、よく時代劇のロケにも使われているそうです。
P2070019.jpg
P2070018.jpg

神様
中御座:大己貴命(おおなむちのみこと)さま
東御座:事代主命(ことしろぬしのみこと)さま
西御座:奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)さま

【疫社】素盞鳴命(すさのをのみこと)さま

摂社
織姫社
八社(大国社・蛭子社・八幡社・熱田社・住吉社・香取社・鏡作社・諏訪社)
大将軍社(平安京の四方を四つの大将軍社が守っていたのですが、その一つ、大徳寺門前に祀られた社を遷したそうです)
日吉社
P2070030.jpg
稲荷社・織田稲荷社
地主稲荷社
月読社
宗像社

御朱印

 300円・片面のご朱印

 500円・両面のご朱印
 やすらい祭りの様子が絵がかれています
朱印_4069

創建
長保3(1001)年

参詣時間
 規定なし

授与所受付時間
 9:00~17:00

有料施設
規定なし

駐車場
有り(普通乗用車)

最寄り駅
 市バス 46『今宮神社前』バス停下車 すぐ
 市バス1・12・204・205・206・北8・M1『船岡山』バス停下車 徒歩7分

住所
 〒603-8243
  京都府京都市北区紫野今宮町21

電話番号
 075-491-0082

webサイト
 http://www.imamiyajinja.org/jpn/imamiya_JPN/toppu.html







theme : 京都・奈良
genre : 旅行

tag : 京都 神社 ご朱印

2016-06-09

若葉まつりでコスプレ in 嵐山!

20160609121509149.jpg
 6/4、嵐山エリアがコスプレに開放されるということで、参加してきました。
 和装コスプレをしている者としては、願ってもないロケーション。

 絆たち以外にも、和装コスさんが大勢おられました。目の保養♪

20160609121509b20.jpg
20160609121509401.jpg
 しょへくん→真田の赤鎧
 おとちゃん→グレル・サトクリフ
 はんちゃん(韓国人)→ゴスロリ
 フランちゃん(ドイツ人)→ロングメイド
 絆→うかさま
 うなちゃん→かえる(笑)

 かえる。。。(笑)

 神社内での撮影も可能だったので、うかさまのロケーション撮影できました。2016060912150988b.jpg
201606091218139b6.jpg

 野々宮神社と、
 摂社のおいなりさんにて。
 ありがとうございます。

 ほかのコスさんたちにも声をかけて、一緒に撮影をしていただきました(^-^)

 ダースベーダー!(アメリカ人)


 とうらぶ
20160609121813cde.jpg
20160609121813ab7.jpg
2016060912181303b.jpg

 おそ松さん

 マツコ・デラックス
201606091215093ce.jpg

 皆さま、撮影許可&掲載許可、ありがとうございました。

 はんちゃんとフランちゃんは、留学生なのですが、
 「人生でこんなに楽しかったことないです!」とまで言ってもらっちゃいました。
 ありがとうございます(>_<)
 韓国でもイベントはあるけど、コスプレをしたことはなかったそうです。
 今日をきっかけに、彼女に新しい人生が開けたらいいな♪  

20160609121813a5e.jpg

クリックをお願いいたします♪





theme : *コスプレ*
genre : サブカル

tag : 京都 コスプレ 神社

2016-06-08

吉田山大茶会

 吉田神社境内で行われた、吉田山大茶会2016へ行ってきました。
P5290027.jpgP5290026.jpg
 500年前、秀吉が北野大茶湯を開いたように。
 今、お茶を通していろんな人たちの縁を結びたい。
 そんな思いを持つ日本あちこちのお茶屋さんが吉田神社に出店を出し、いろんなお客さんと繋がろう、と言うイベントです。

 ベトナムやシンガポール、南アフリカのお茶まで販売されていました。
 あちこちのお店で試飲させていただけて、それだけでお腹も気持ちもまんぷくぷ。
 30g3000円の茶葉も多くて、普段なかなか飲めるチャンスはないですからね。。。!
 オーガニックや、自生の茶葉を加工されているお茶もありました。

 素敵な器もたくさん展示されています。
 みているだけで心躍っちゃう。
P5290028.jpg
P5290030.jpg
P5290029.jpg

 お茶以外にも、グリーンティやスイーツ、肉まんなどもたくさん売られていました。
P5290031.jpg
 暑いので、グリーンティで一服(^^)

 お茶の作法を楽しめるお茶席も、あちこちで設けられていました。
 ほとんどのお店が500円。
 こちらの好茶工房さんも500円でしたが、三人で参加させてもらったら、三人1000円とディスカウントしてもらえました。
P5290032.jpg
 並べられた10人分の中国茶器。
 わくわく。
 こちらのお茶席でいただけたのは、ラプサンスーチョン。
 中国茶初心者の友達にはきついかな、と思ったのですが、あまり香りがきつくなくてありがたかったです。
P5290033.jpg
 丁寧に茶器を温めた上で、お茶を注いでくださいます。
P5290034.jpg
 背の高い方は香りを楽しむカップで、背の低い方に移したお茶を三回に分けて飲んでね、と、おたおた英語で通訳したけど、通じてよかったです。
 お茶菓子にいただいた、ドライストロベリーにホワイトチョコが混ぜられたもの、すごくおいしかった。

 今日のメンバーは、家族とカタ以外に、ジゼルとベイビーも一緒に来てくれました。
 三月に京都へ来たばかりのコンゴ人。
 でも、日本茶が大好きなんですって。
 中国茶芸も楽しんでくれました。
P5290035.jpg
 神社の坂は、ちょっときつかったね(^-^;;
P5290025.jpg
 

theme : 京都・奈良
genre : 旅行

tag : 京都 神社