2016-06-14

今宮神社

 はなしずめで有名な今宮神社にお邪魔しました。

P2070031.jpg
 創建は平安時代。
 創建は平安時代。
 平安よりも昔から素戔嗚尊さまをお祭りする疫社があったのですが、正暦5(994)年6月、一条天皇の時代に船岡山にお社が移動しました。政府が悪霊退散の儀式を行い、都の民衆も船岡山を訪れ、綾傘を華美に飾りつけ、謳い踊り、形代の人形に病魔を移して流したそうです。
 その後、お告げによって長保3(1001)年に今の場所へ戻り、疫社以外に新たに三つの神殿を築きました。
 古いお社とは異なる、という意味で、今宮神社と呼ばれたそうです。
 船岡山で行われていた朝廷の儀式が紫野御霊会、民衆の祭がやすらい祭りとして現在に伝えられています。

やすらい祭り
 平安京のはなしずめ、こと、夜須礼(やすらい)祭りが毎年四月に行われます。
 私、このお祭が大好きなのです。
 お祭の内容も興味深いのですが、「はなしずめ(花鎮め)」という名前がそもそも好き。
 桜の舞い散る頃に行われることにも惹かれてしまいます。

 風流なお祭ですが、もともとは、疫病の流行を鎮めるために古代から行われていたお祭。
 桜の花びらが散る時に、疫神たちも蠢くので、それを鎮めるためにはじまったものです。
 奈良では大神神社とその摂社・狭井神社で「鎮花祭(ちんかさい)」が行われています。
 今宮神社のやすらい祭りは農村部のお祭で、他に、官のお祭として今宮祭(紫野御霊会)も行われています。
 また、さくらは「稲の魂(さ)」「座(くら)」でした。
 たわわに咲いた花は、豊作の瑞祥。なので、散り急がずにしばしとどまれ、という気持ちがこめられていたのでしょう。

 平安時代、人々が綾傘の下で舞い踊っていたそうですが、今でも綾傘が登場します。
 「やすらえ、花や」の謳いにあわせて、赤い鬘をかぶった鬼が踊り、はやし方とともに街中を練り歩くのです。
 その風景は、は、鞍馬の火祭り、太秦の牛祭りとともに、京都三大奇祭として有名です。
 数年前までは毎年四月十日に行われていましたが、最近は第二日曜日に変更されたので、見に行きやすくなりました。

 四月の頭に行われるこのお祭、この年度のお祭の中で最初の時期に当たるからか、
「祭の日が晴れれば、その年の京都の祭事はすべて晴れ、雨ならばすべて雨が降る」
「桜や椿などで飾られた花傘に入ると、一年間健やかに過ごせる」
「初めてこの祭りを迎える赤ん坊は、花傘に入ると、一生健やかに過ごせる」
 などと言われているそうです。
 
玉の輿
 平安時代以降、厚い信仰を寄せられていた今宮神社ですが、朝廷が久寿元(1154)年に「やすらい祭が華美すぎるので控えるように」との命令を出したり、応仁の乱があったりで、江戸時代までに廃れていました。
 そんな今宮神社を氏神とする西陣で、八百屋に生まれたのがお玉ちゃん。
 彼女はやがて、三代将軍家光の寵愛を受け、生まれた息子は五代将軍綱吉となりました。
 女性のみでありながら従一位までのぼりつめた彼女は、今宮神社を篤く信仰しており、彼女の命令で神社が再興されました。
 「玉の輿」と言われた彼女のようになりたいと願う女性が、今でも大勢おまいりするそうですよ。

P2070025.jpg
P2070023.jpg
 ご本殿。
 けいおん!にも登場します。
 第7話『クリスマス!』にて、皆が初詣に来たのがココ。
 聖地巡礼するファンには有名なスポットらしいです。
P2070028.jpg
織姫社
栲幡千千姫命(たくはたちぢひめのみこと)さま
 七夕伝説の織女に機織をお教えになられたといわれる、織物の神さま。西陣が近いだけあります。
 高御産巣日神さまのお嬢さまで、天照大神さまのご長男、天忍穂耳命さまと結婚し、天火明命さまと瓊瓊杵尊さまを産まれました。
 高御産巣日神さまといえば天地開闢に登場される神さまだし、瓊瓊杵尊さまといえば天孫降臨。
 日本神話の中で、とても重要な立場にいらっしゃる神様です。
P2070029.jpg
阿呆賢石
 おもかる石です。
 この石を手の平で三度たたいて持ち上げ、次に願いごとを心の中で唱えながら三度手の平で撫で、再び石を持ち上げ、最初に持ち上げた時よりも軽く感じれば、願い事が叶うといわれています。
 そういうおもかる医師は他の神社にも見かけるものですが、それとは別に、病がちな人が、健康を願いながら石をなで、次にその手で自分の体の悪いところをなでると、治癒が早まるとも言われています。疫病避けの今宮神社ならではですね。

 私はいつも、「あかほし(赤星)石」と間違えてしまいます。。。
P2070027.jpg
P2070026.jpg
 華麗な灯篭。
P2070022.jpg
 手水舎は、東屋ではないタイプです。
P2070021.jpg
 お札・お守り授与所
P2070020.jpg
 授与所の傍に、お神輿が安置されていました。

あぶり餅屋さん
 日本最古の和菓子屋さんじゃないか、と言われています。
 ちぎったもち米に黄な粉をまぶして墨であぶり、タレをつけただけの、とても素朴なお餅。
 お祭で使われた竹串やお餅を、厄除けとして参詣した人々へ提供したのが起源といわれています。
 戦乱や飢饉の際は、民衆に振舞われていたそうです。
 
 開店は1000年。船岡山からお宮が帰ってくる一年前ですね。
 店頭は昔ながらの風情が守られているので、よく時代劇のロケにも使われているそうです。
P2070019.jpg
P2070018.jpg

神様
中御座:大己貴命(おおなむちのみこと)さま
東御座:事代主命(ことしろぬしのみこと)さま
西御座:奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)さま

【疫社】素盞鳴命(すさのをのみこと)さま

摂社
織姫社
八社(大国社・蛭子社・八幡社・熱田社・住吉社・香取社・鏡作社・諏訪社)
大将軍社(平安京の四方を四つの大将軍社が守っていたのですが、その一つ、大徳寺門前に祀られた社を遷したそうです)
日吉社
P2070030.jpg
稲荷社・織田稲荷社
地主稲荷社
月読社
宗像社

御朱印

 300円・片面のご朱印

 500円・両面のご朱印
 やすらい祭りの様子が絵がかれています
朱印_4069

創建
長保3(1001)年

参詣時間
 規定なし

授与所受付時間
 9:00~17:00

有料施設
規定なし

駐車場
有り(普通乗用車)

最寄り駅
 市バス 46『今宮神社前』バス停下車 すぐ
 市バス1・12・204・205・206・北8・M1『船岡山』バス停下車 徒歩7分

住所
 〒603-8243
  京都府京都市北区紫野今宮町21

電話番号
 075-491-0082

webサイト
 http://www.imamiyajinja.org/jpn/imamiya_JPN/toppu.html







theme : 京都・奈良
genre : 旅行

tag : 京都 神社 ご朱印

2016-04-27

上賀茂の新宮神社(上賀茂神社・摂社)

 4/25の日曜日、またまた上賀茂神社にお邪魔しました。
20160426135011109.jpg

 上賀茂神社には数多くの摂社があるのですが、中には普段は公開されていないお宮もあります。
 それが、新宮神社
20160426134921581.jpg

 もともとはお正月のみ公開のお宮だったのですが、2012年2月4日から7月22日まで特別公開が行われました。
 その後、式年遷宮の工事に伴い再び閉鎖されていました。
 そして、式年遷宮の終わった現在、月に二日だけ公開されるようになったのです。

 それが、第二日曜と第四日曜

 他の日は閉ざされている門が、この二日間は開放されているのです。
 なんだか特別感がありますね。
20160426134921461.jpg

 こちらでお祭されているのは、高龗神さま。
 伊邪那岐命さまが、迦具土神さまを切った時に誕生した神さまの一人。
 水の神さまです。
 京都の水の神さまと言うと貴船神社ですが、そちらの主祭神さまでもありますね。
 天候の悪い時など、貴船神社にお参りするのが大変な時に、遠くからお祈りできるように作られたのが、こちらのお宮なのです。
 貴船神社の新宮なのですね。

 このお宮の傍らには、御物忌(おものい)川が流れています。
20160426134921417.jpg
20160426134921dba.jpg

 高龗神さまの龗の字は、龍という意味。
 高龗神さまは水を司る青龍なのです。
 ということで、境内には青龍が絵がかれていました。

 こちらが公開されている日には、お神楽祈祷をしていただくことができます。
 巫女さまが舞ってくださいます~
 1,000円はお手軽ですね。

 併設されている山尾神社には、大山津見神さまが祭られています。
 彼も、いざなぎさまのお子様。
 木花之開耶姫と磐長姫のお父さまでもあるし、
 宇迦之御魂神さま(うかさま)と大年神さま(としさま)のおじいさまで、
 スサノオノミコトさまの奥様、奇稲田姫さまのおじいさまでもあります。
 日本の各地に、彼を主祭神さまにお祭りする神社がありますね。

20160426134921433.jpg
 新宮神社へ向かう道には、罔象女神さまを祭神とする川尾社もあります。
 高龗神さまと並んで有名な水の神さま。
 御物忌川をお祭りしているようです。
 あわせてお参りされてはいかがでしょうか。

201604261349219ba.jpg
 また、第四日曜には、上賀茂神社の境内にて手作り市も開催されています。
 天神さんや弘法さんのように、縁日と冠しているわけではないですが、数多くのハンドメイドの出店が並びます。
 ベンチもあって、のんびりと回ることができますよ。

2016042614083353d.jpg
 カタと立砂ごっこ。

 201604261350116de.jpg
 もうすぐ五月、葵祭の季節ということもあって
 賀茂競馬(かもくらべうま)の練習も行われていました♪

20160426140833535.jpg
 君も時には、思い切り走りたいね。

神様
高龗神さま

御朱印
なし

創建
天武天皇7(678)年
私暦では白鳳6年

参詣時間
5時30分~17時00分

授与所受付時間
 4月~10月 9:00~17:00
 11月~3月 9:30~17:00

有料施設
 規定なし

最寄り駅
市バス4・46系統「上賀茂神社前」下車すぐ
市バス9・37・北3系統「上賀茂御薗橋」下車すぐ

住所
〒603-8047
  京都市北区上賀茂本山339

電話番号
 075-781-0011

webサイト
 上賀茂神社






theme : 京都・奈良
genre : 旅行

tag : 京都 神社 特別公開 ご朱印

2016-04-25

賀茂別雷神社(上賀茂神社)

P2270017.jpg
 京都市最古の神社といわれる、賀茂別雷神社(上賀茂神社)にお邪魔してきました♪

 「古都京都の文化財」という名称で、1994年に世界文化遺産にも登録された神社です。
 社伝によると、神代の時代、賀茂別雷大神さまが神山にご光臨されたので、神山の南の地に社が造営されたのがはじまり。
 時の天皇は天武天皇さまだったというので、奈良時代よりも前になります。
 賀茂のお祭(葵祭)も、奈良時代以前から盛んでした。

 賀茂別雷大神さまというだけあって、雷を司る神さま。
 ご光臨の際は、大きな落雷でもあったのでしょうか……
 雷で災厄を退ける厄除けの神さまであり、電気の神さま。
 また、後年、神社から南の地に平安京が建設されたのに伴って、北の地を守る方除の御神徳もあるといわれています。
P2070008.jpg
 『山城国風土記』では、玉依姫さまが、鴨川を流れてきた丹塗りの矢と添い寝をしたところ懐妊されて、お生まれになったのが賀茂別雷大神さまだったと言われています。
 丹塗りの矢は、神さまの化身だったのです。
 玉依姫さまと賀茂建角身命さまは、下鴨神社(賀茂御祖神社)にお祭されています。
 賀茂建角身命さまはこのあたりの豪族で、その子孫が賀茂の一族になります。
 もともと上賀茂にしかお宮がなかったのですが、あまりにも信仰を集めたために、朝廷によって大神さまと御祖さまに分けられたそうです。
 下鴨が御祖さまなので、二つ並べて呼ばれるときは、下上二社、と下を先に呼ぶそうです。

 ※玉依姫というお名前は、個人名ではありません。
 御身に神さまの御霊を依らせる女性、巫女さまのことです。
 なので、日本には何人もの玉依姫さまがいらっしゃるのですね。

P2070007.jpg
 境内はとても広く、きれいな小川が流れています。
 こちらでは、四月第二日曜に『曲水の宴』も行われています。

 京都三大祭の一つとして有名な葵祭は、五月。
 平安装束をまとった斎王代の行列がきらびやかです。

 斎王というのは、神社に奉仕する皇女さまのこと。
 賀茂社では弘仁元(810)年に斎院が置かれました。
 斎王が奉仕される神社というのは、伊勢神宮と賀茂社のみ。
 いかにこちらの神社が朝廷に大切にされていたのかがしのばれます。
 現在、斎王はいらっしゃいませんが、昭和31年以降は斎王代が選ばれて、お祭の花をつとめておられます(一般公募はされておらず、社寺や有名な会社のご令嬢から選ばれます。葵祭の衣装・行列の費用は斎王代のおうちが支払うそうです・・・)
 
P2070015.jpg
 色鮮やかな本殿周り。
 六角吊り下げ灯篭がずらりと連ねられています。
 こういう細かい細工物ってとても素敵。
 思わず角度を変えて何枚も撮影してしまってました。
P2070014.jpg
P2070012.jpg
 敷地はとても広いのですが、楼門の奥はさまざまな建物が所狭しと並んでいます。
 山の敷地の一部を利用しているからかな。
 階段も多いので、歩きやすい靴での参拝をおすすめします。

P2070011.jpg
 その中に展示されていた彫刻たち。
 十二支の動物たちのようですが、まだ半分ほどです。
 おさるさんの彫刻は赤門の前にいらっしゃいました。
P2070013.jpg
 本殿を案内されていた神職の方。

P2070002.jpg
 お馬さま
P2070004.jpg
 細殿の前に作られた、砂山。
 立砂(たてずな)といいます。
 キレイな円錐形は、上賀茂神社のご神体である神山の形をかたどっているそうです。
 上賀茂神社の祭事などで、よくテレビ等にも映されてますね。
 鬼門を封じる清めの砂の原点とも言われます。

P2070005.jpg
 細殿
P2070009.jpg
 古くて由緒のある神社だからなのか、摂社もとても多いです。
P2070016.jpg
 お守り授与所。
 朱印もこちらで受け付けてくださいます。

 上賀茂神社の名物と言えば、焼餅♪
 鳥居前にある「葵家」さんでいただきました。
 ここはバス停の隣なので、待っている間にふらりと買えるのが嬉しいです。
P2270019.jpg
P2270020.jpg
 注文をすると、店頭で軽くあぶってくれます。
 時間がなければ包装されたものを買うことも可能ですが、あぶっていただいた方がおいしいです♪
 イートインはないのですが、店内のベンチで待つことができます。
P2270018.jpg



神様
賀茂別雷大神

御朱印
朱印_1342

創建
天武天皇7(678)年
当時は元号がありません。
私暦では白鳳6年

参詣時間
5:30~17:00

授与所受付時間
 4月~10月 9:00~17:00
 11月~3月 9:30~17:00

有料施設
 本殿特別参拝とご神宝の拝観 大人600円
 神職の方がガイドをしてくださいます。

最寄り駅
市バス4・46系統「上賀茂神社前」下車すぐ
市バス9・37・北3系統「上賀茂御薗橋」下車すぐ

住所
〒603-8047
  京都市北区上賀茂本山339

電話番号
 075-781-0011

webサイト
 上賀茂神社

P2070001.jpg
 また来てね、こんこん♪





theme : 京都・奈良
genre : 旅行

tag : 京都 神社